副業がばれたくない

副業をしていればそのままにしていれば分かってしまいます。何も対応していなければ一発で分かってしまうのです。経理の人からしてみればすぐに分かってしまうものです。

そのばれてしまう主な原因というのは住民税です。住民税の納税に関しては本人が直接支払うパターンと給与から直接天引きされるものがあります。

今はもう住民税などはそのままひかれてしまうことの方が多いでしょう。そしてこの住民税が通常通りの徴収であれば大丈夫なのですが、複数の収入がある場合は市区町村の役所がそれらを合わせた金額を本業の会社に特別徴収をするようにお達しが来るのです。

簡単に言えば役所から副業をしていますよ!というお墨付きが貰えるということです。

これを嘆いていても税の徴収なので仕方がないのです。また確定申告をすることになりますのでその場合は合算して本業と副業の両方を申告しなくてはいけません。

そしてこの所得は年間20万円以上ある場合は申告しなくてはいけません。月に1万5千円以上貰っている場合はしなくてはならないのでほとんどばれます。

では具体的にどうすればばれないで済むかというと実はものすごく簡単なのです。

普通徴収にチェックを入れるだけでいいのです。そうすることで住民税を支払うことが出来るようになります。

これによって会社に知られることはないのです。

住民税・事業性に関する事項の自分で納付するところにチェックをすればいいのです。

不安なのであれば役職に相談することで改善することにもなります。ばれないようにするというのは意外と簡単ですね。

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★初心者向け優良サイト★